知っておきたい「トレンド」について

株式投資ではよく「トレンド」という言葉を見かけると思いますが、今回はそのトレンドについてみてみましょう。

スポンサーリンク

過去と現在、今後の株価の動向を探る

「トレンド」とはそもそも、方向性や、傾向を意味した言葉です。

株価のトレンドは別れており、「上昇」、「下落」、「横ばい」の3パターンに別れています。

上昇トレンドの言葉からもイメージできるように、これは株価が右肩上がりの状態を指しています。

株価が上昇していっているので買いのチャンスでもあります。しかし、転換トレンドを見逃してしまうと、利確のタイミングを逃し、損をする可能性も出てきます。

これに対して、下落トレンドというのもあります。

日々株価を切り下げていき、反発があっても小幅に止まっている状態です。

下落トレンドの銘柄を保有しているのならば、売りを決断すべきでしょう。

売却後にトレンドの転換が確認できれば、買い戻せばいいだけですからね。

信用取引を行なっている人は下落トレンドの銘柄を空売りするのも一つの方法です。

最後の横ばいについては、株価がある一定のレンジで行ったり来たりを繰り返している状態のことです。

その価格帯に目をつけ、下の株価で購入し、上の株価で売却する方法もあります。

ただし、どこかで流れが変わることがあるため、チャートや移動平均線、出来高、信用倍率などの情報は常に収集して起きましょう。

ローソク足や移動平均線などを用いて、相場の状態を見る

ローソク足には「陽線」、と「陰線」、があります。

陽線・・・ローソク部分が白いローソク足のこと。始値より終値の方が高く、相場が右肩上がりに推移している。

陰線・・・ローソク部分が黒く塗りつぶされたローソク足のこと。始値より終値の方が安い状態。直前のローソク足よりも株価水準が上昇していたとしても、相場の勢いは弱いと言えるでしょう。

ローソク足や上下の「ヒゲ」の長さの違いを利用して相場の強弱を把握しましょう。 

一方、移動平均線は3つに分類できます。

短期線は短期、中期線は中期、長期線は長期とその名前の通りの方向性を表しています。

それぞれの方向性や3つの位置関係、あるいは現在、株価が移動平均線に対してどこに位置しているかなどから局面分析をすることができます。 

たとえば上昇中だった株価が下落して移動平均線を大きく割り込むケースがあります。

その場合はそれを機に「下降トレンド」に移行する傾向が多く見られます。

また、相場は過剰に反応しやすく、株価と移動平均線の位置がかけ離れてしまう現象が見られます。

あまりに乖離が広がった場合、急速に元に戻そうとする動きが働きます。 

そういったタイミングをチャートから読み取り、売買することが株式投資の醍醐味でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする