相場の転換点を読み解くためのテクニカル指標とは

これまでは、ローソク足や移動平均線を読み、トレンドを探るといった基本的な話をしてきました。今回はテクニカル指標の中で短期売買でよく使われる手法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

買われ過ぎか、売られ過ぎかがわかるオシレータ系指標

短期売買で特に注目されるのが「オシレータ系指標」というものです。

これは相場の強弱を波形で表しており、銘柄が買われ過ぎているか、売られ過ぎているかを判断する際の指標になります。

具体的には、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスというものが挙げられます。

RSI・・・「相対力指数」ともいう。一定期間中(一般的には14日)の終値の値動きの平均値と上昇幅の平均値から算出される指数。

特に株価が急反発した時に反応が鋭く、この指数が30%いかになったら「買い」のポイント。逆に、70%以上に達したら「売り」のポイントであると言われている。

サイコロジカルライン・・・ 極端に動きがちな投資家の真理を数値化した指標。弱気がピークに達した時点で「買い」、強気が多数を占めた時点で「売り」のサインが出ます。

ストキャスティクス・・・過去の一定期間(一般的には9日)における安値・高値に対して、当日の終値がどのような位置付けであるかを数値化したもの。

通常のストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類がある。

今回は、代表的でわかりやすいスローストキャスティクスについて説明します。

スローストキャスティクスのチャートには、Dライン(%D)、SDライン(%SD)という2本の曲線がかかれます。

この水準や位置関係をチェックすることで、売買のタイミングをつかむことができます。

ストキャスティクスで判断する買いのタイミングと売りのタイミング

買いのシグナル・・・DラインがSDラインを下から上へと突き抜けた時。

売りのシグナル・・・DラインがSDラインを割り込んだ時。

もっとわかりやすく数値でいうと、

これらのラインが30%以下のゾーンにある時は、その銘柄が「売られ過ぎ」、逆に70%以上のゾーンだと「買われ過ぎ」であることを意味します。

要するに、30%以下の売られ過ぎゾーンで、DラインがSDラインを突破したタイミングが理想的な買い場であり、ここで買い注文を出したいところです。

逆に70%以上の加熱ゾーンに入り、DラインがSDラインを下回った時は急いで売却しなければいけないでしょう。

ただし、相場の世界に絶対はなく、この指標が常に正しいとは限りません。

判断が微妙な時は他の指標や過去のチャートなどと見比べて、行動することを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする