ヴォーカルの様々なフレージング、しゃくりやフォールとは?

歌には様々なフレージングがあります。

フレージングというのは一つのフレーズをどのように歌うかということで、日本語でいうと歌い回し」です。
同じフレーズでも歌い回しによって印象が全く変わります。

では一体どんなフレージングがあるのでしょうか?
今回は様々なフレージングを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スタッカート

スタッカートとは音を短く切って歌うことです。

短く切って歌うことによってリズミカルなものにしたり、強調したりすることができます。

レガート

レガートとは一つ一つの音を切らずに繋げることです。

繋げて歌うことでスムーズな感じを表現できます。

先ほどのスタッカートと織り交ぜながら歌うことによってフレーズが生き生きとしたものになり躍動感が生まれます。

レガートはバラードなどでは欠かせない歌い方になるのでバラードをよく歌うという方は一度チェックしてみてください。

ポルタメント

ポルタメントとは連続的に音から音へ移動するテクニックです。

ピアノの鍵盤はドから順番に半音ごとに弾いていくとちょうど12番目で一オクターブ上のドになります。
しかし、実際にはこの半音と半音の間にも音は存在しています。

ピアノでは出せませんがギターであれば、弦を弾きながら押さえている弦をずり上げると半音より小さい音程の音が出ます。

そういうように音と音を連続的に歌うことをポルタメントと言います。

しゃくり

音のないところからポルタメントして入っていく音程の取り方を「しゃくる」と言います。

最近はカラオケの採点項目にもありますよね。

本来のメロディより少し遅れて音程をほんのわずか下からズリ上げような歌い方です。

ストレートな音程の取り方だけの歌はつまらなく聞こえますし、しゃくりのみの取り方だと濃すぎるのでバランスよく使っていきたいですね。

下の音程から上がりきれずにフラット気味になってしまうこともよくあるので、思い切ってやってみましょう。

フォール

音の終わりを放り投げるように、ポルタメントしながら音程を下げていくテクニックです。

しゃくりの逆ヴァージョンみたいな感じですね。

これも最近のカラオケの採点項目にありますよね。

力強さ、ワイルドさ、嘆き、残念な感じなどを表現するときの方法の一つとして使えます。

感情を込めて歌いたいときなどに使ってみましょう。

さいごに

いかがでしたか?
フレージングは自分の唄い手としての表現力の幅を広げるものなので時間のあるときは研究して、練習してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする