腹式呼吸と胸式呼吸との違いとは?歌うには腹式呼吸がいいの?

歌う時は腹式呼吸がいいと聞いたことがありませんか?

今回は歌う時の腹式呼吸のメリットとはなんなのか?
胸式呼吸との違いについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

腹式呼吸と胸式呼吸について

呼吸は大きく分けて腹式呼吸胸式呼吸があります。

あなたも学校の音楽の授業などで、
「腹から声を出せ」
とか、
「もっとお腹で息を吸って」
などと言われたことがあると思います。

これは言ってしまえば比喩表現であって、実際はお腹から声が出るわけありませんし胃や腸に空気を入れる訳でもありません。

あくまで胸式呼吸も腹式呼吸も感覚的な呼び名であり、どちらも肺に空気を入れています。

では何が違うのかと言うと肺の膨らませ方が違います

肺は胸郭(きょうかく)という囲いの部分と、底部にある横隔膜(おうかくまく)という部分に密着しています。

胸式呼吸というのは肺の周りの筋肉を使い胸郭の上部のみで行う呼吸方法で、呼吸する時は肩が上下します

対して腹式呼吸はお腹の筋肉を使って横隔膜を押し下げて胸郭の下部まで広げた呼吸方法で、呼吸する時はお腹が膨らんだりへこんだりします

胸式呼吸は胸郭の上部のみで行う呼吸法なので、腹式呼吸に比べて呼吸量が少ないです。

また肩や肩甲骨を使って呼吸するため、どうしても首や喉に無駄な力みが入ってしまいます。

その結果として、力んだ発声となり声枯れやピッチのズレの原因喉を痛める原因にもなるのです。

以上のような理由から胸式呼吸は歌には向かない呼吸法と言われています。

では逆に腹式呼吸は何故、歌に向いている呼吸なのでしょうか?

次の項目で腹式呼吸のメリットを挙げます。

腹式呼吸のメリット

・長いフレーズが歌えるようになる

腹式呼吸は胸式とは反対に肺の下部まで充分に広げるので呼吸量が多く、長いフレーズも難なく歌えます。

・ロングトーンが安定する

これも呼吸量が多いということにより、呼気が安定するので一定に息を吐けるようになります。

それによりロングトーンが安定します。

・声量が上がる

呼吸量が多いとその分、一度に使える息の量も多くなり、息を強く吐くことが出来ます。

それにより声量が上がります。

・音程が取りやすくなる

胸式だと息を吸って力み、吐いてリラックスするため音程も不安定になりがちです。

腹式だと吸う時も吐く時もリラックスした状態を保てるので音程も安定しやすいです。

・抑揚がつけやすくなる

大きな声を出せるようになるということは、それだけ小さな声との幅も広がるということになりますから、抑揚もついて表現力の向上にも繋がります。

・喉が疲れにくくなる

呼気が安定するので、喉の解放も容易になります。

お腹で支えることができるようになるので、結果として喉が疲れにくくなります。

さいごに

いかがでしたか?

歌において腹式呼吸は良いことだらけですね。

腹式呼吸は精神的にもいいらしく、ストレス発散やリラックス効果があるとも言われていますから是非とも習得して自分のものにしましょう!

具体的な腹式呼吸のやり方等は別の記事で書いているので、そちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする