チェストボイスとは?出し方、確認方法、メリットについて

チェストボイスという言葉はご存知ですか?

ボイストレーニング等ではよく使われる言葉ですが、まだよく分からない方も多いのではないでしょうか。

ここではチェストボイスについて、出し方、確認方法、メリットについて書いていきます。

スポンサーリンク

チェストボイスとは?

いわゆる地声のことです。

正確に言うと違うんですが、そこまで詳しく分ける必要もないかなと思います。

歌の世界では基本的には低音域を歌うときに用いられます。

チェストボイスのチェストは「胸」という意味なので、チェストボイスは「胸声(きょうせい)」ともいいます。

チェストボイスの出し方、確認方法

男性はほとんどの方が普段の会話も言うならばチェストボイス(地声)を使っているので、歌における発声も簡単にできることが多いです。

女性は声が高い方や小さい方、ささやくような弱い声で話される方など普段からミドルボイスやヘッドボイスになっている方も多くいるため、

いざ歌うときに出そうとすると意外と苦労される方も多いかもしれません。

チェストボイスの出し方と確認方法ですが、まずは片方の手の平を胸に当ててください。

次に、喉を開いてリラックスした状態でなるべく低い声を出してください
発声したときに手に直に振動が伝わってくるのがわかりましたか?

振動が手に直に伝わってくれば胸が共鳴しているのでチェストボイスは出せています。

あとは徐々に音域を上げていき、普段よく歌う際の音域でもチェストボイスが出せているか確認してみてください。

チェストボイスのメリット

裏声なら色々な曲が歌えるため地声で歌うなんて必要ないと思う方もいます。

しかし、チェストボイス(地声)で歌うことによって以下のようなメリットがあります。

  • いろんな曲を幅広く歌えるようになる
  • パワフルに力強く歌えるようになる
  • 個性や感情を表現しやすい
  • 歌詞が伝わりやすい

裏声は低音になるにつれ弱くなっていきます。

そのため、すべての音域を裏声のみでカバーして力強く歌うことはできません

また、裏声のまま低音域を無理に発声しようとすると喉を壊す原因になりますのでやめましょう。

地声も取り入れて歌うことにより、無理せずに広い音域をパワフルに歌えるようになるため、歌える曲の幅が増えます。

そして自分本来の声色が出やすいため、個性や感情などの表現の幅も広がるのです。

さいごに

チェストボイスは歌の土台、基礎となる声であり一番よく使う声なので最も重要といっても過言ではありません。

チェストボイスを完全に習得することによって、今後のより良いミドルボイスやヘッドボイスの習得にもつながります。

実際にチェストボイスを使ってどんどん歌ってみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする