マイクチェックの仕方とハウリングを防ぐ方法!

ミュージシャンは生歌が上手いのは当たり前ですが、マイクの使い方もよく理解していて、その扱いも手馴れています。

何故ならば、聴く人はスピーカーから出てくる音しか聴くことが出来ませんので、マイクが拾わなかった歌は歌わなかったのと同じになりますし、マイクを通じて聞こえる声質が自分の声になるからです。

同じマイクで同じ人が歌っても使い方を変えると、声質や声量は変わって聴こえます。
ということはマイクの正しい使い方について多少なりとも知っておく必要があります。
その中でも今回はマイクチェックの方法、ハウリングを防ぐ方法について書いていきます。

スポンサーリンク

マイクチェックの方法

ライブハウスでもスタジオでもカラオケでも歌う前は必ずマイクチェックしますよね。
これはスピーカーからの音の鳴り方をチェックしないとハウリングなどが起きてしまい、心地いいサウンドにならないからです。
もしかしたらカラオケではされないという方も多いかもしれませんが。

では実際にマイクを使って声を出してみましょう。
カラオケかスタジオに行ってみてください。

スタジオでマイクチェックをする場合はまずマイクのケーブルを自分で繋ぐところから始まると思いますが、マイクを繋ぐ際は必ず繋ぐチャンネルのフェーダーをゼロにしてから繋ぎましょう。
そうしないと、スピーカーやアンプが飛んで壊れてしまう可能性があります。

マイクが繋がったら、フェーダーを小さい音量にして喋ってみましょう。
ライブの前のリハーサルの場面ではPAさんの前でマイクチェックすることになるのですが、こういう時に何と言えばいいかわからないという人も中にはいますよね。

どんな感じなのか例をあげると、

「テス、テス、テス・・・」「チェック、チェック・・・」

「マイクチェック、ワン、ツー、チェック、ワン、ツー・・・」

「ハッ、ハッ、ヘーッ、ヘーッ・・・」「チッチッチ・・・」

「ツーツーツー、スースースー・・・」

と、こんな感じです。この程度で大丈夫です。

そしてここで注意点ですが、マイクチェックをする時にマイクを叩いたり、「フーッ!」と吹いたりする人がいますが、これは絶対にやってはいけません
それだけで最悪はマイクだけが壊れるのではなく、マイクを使う場が壊れます。
高額なPA機器などまで壊れる可能性がありますので気を付けましょう。
それをしてしまうだけで一発で実力を見抜かれますし、白い目で見られて嫌われるのでいいことなしです。

チェックできたらフェーダーを適正値まで上げてチェック終了です

ハウリングを防ぐ方法

マイクチェックをちゃんとしたのにハウリングが起きてしまうといったこともあると思います。

ハウリングしている状態というのは、カラオケやスタジオ練習中に「キーン」や「ブーン」と鳴る耳障りな音が鳴っている状態のことです。

そういう際に注意して欲しいのが以下のものになります。

・マイクの頭を手で覆っている

・マイクがスピーカーの方を向いている

・音量が大きすぎる

基本的にこの三つが原因になっていることが多いので、ハウリングする場合は確認してみてください。

さいごに

いかがでしたか?
これから歌をやっていく人はマイクチェックやハウリングには必ず遭遇します。
その時には今回の方法を思い出して対処してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする