ハンドマイクの正しい使い方と距離感!近接効果とは?

ヴォーカリストがマイクを使う場面はライブやカラオケ、レコーディングなどがあります。
特にレコーディングよりライブやカラオケ、ステージなどで歌う機会の方が多いですよね。

カラオケやライブハウス、ステージではハンド・マイクマイクを手に持つ)もしくはスタンド・マイクマイクスタンドに固定する)のどちらかの方法で歌うことになりますが、今回はハンド・マイク時の正しいマイクの使い方、距離感について書いていきます。

スポンサーリンク

ハンド・マイク

まずは声を出しながら口の前を前後、左右、上下に動かしてみてください。
同じ大きさで声を出しているのに、マイクの位置や向き、マイクと口との距離で音量が全然変わりますよね。

ダイナミック・マイクは単一指向性といってマイクのヘッドの中心の直線上が一番音を拾うように出来ているからです。
なのでいくら大きな声で歌おうが、この直線上から外れていたら音量は出ません。

歌でなくともスピーチの場面などでマイクの先端が極端に顔の外などにずれている人をみたことがありませんか?
それではマイク乗りが悪い、声が通らないのは当たり前ですよね。

マイクを持つ位置は、下から、上から、真っ直ぐ前からなどいろいろな角度から向けられますが、マイクの先端の直線上は必ず口元を狙ってください。
「そんなの簡単だよ」と思うかもしれませんが、歌い出すとすぐに元のズレた位置になる人も多いです。
最初のうちは意識的にチェックするようにしてください。

このようにマイクのヘッドの狙いどころで音量が変わるということは、慣れれば自分で自由に音量を調節できるということなんです。

歌っていて「ここのフレーズはどうしても声が不自然に大きくなってしまう」「破裂音が入ってしまう」という時などは口元から少しズラしたり引いてやれば抑えられますし、
逆に低音域やファルセットで音量が全然足りないという時は口元に近づけることによって音量を上げることが出来ます。

これがうまく使えたら、どんなフレーズでもお客さんに聴かせることが出来ますよね。
カラオケの採点で抑揚をつけたい時なんかにも使えます。

歌うときは普段はマイクとの距離感を近すぎず遠すぎないように、良い位置関係で保つようにしましょう。
常に口がマイクに近い人はそれ以上に音量を上げようと思ったら声量を上げるしか無くなりますからね。

近接効果

もう一度マイクを口元から前後にまっすぐ近づけたり遠ざけたりしてみてください。
先ほどは音量の変化についてでしたが、今度は音質の変化に注目してみてください。

口に近づけるほど低域が大きくなり、音がモコっとした感じに、遠ざけるほど低域が小さくなり、細い感じになりませんか?

これを近接効果といいます。

このことからもマイクとの距離感は重要です。
近づきすぎると低域が膨らんだ音抜けの悪い声になってしますのです。
ジャンルにも左右されますが基本的にマイクから口の距離は5〜15cmくらいと思っておきましょう。
握りこぶし1つ分ともよく言われます。

ロックバンドなどではマイクの音量をあんまり大きく上げるとハウリングが起きてしまうため、口を近づけて歌わないとヴォーカルが聞こえないということもよくあります。

近接効果を上手に使って、低音を強調させたいときは近づけて、抜けのいい高音を強調させたいときは少し離し気味に、みたいな感じで試してみてください。

さいごに

いかがでしたか?
マイクの距離感を掴んで音量、音質を自分で自由に操っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする