ヘッドボイスとは?ミドルボイスやファルセットとの違い

歌い方について色々調べたりしていくと、ヘッドボイスという言葉を耳にし始めると思います。

ヘッドボイスとかミドルボイスとかファルセットとか何が何だか違いがよく分からなくなる方も多いと思います。

ここではヘッドボイスとはどういうものなのか、ミドルボイスやファルセットとの違いについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘッドボイスとは?

ヘッドボイスとは、裏声の一種です。

裏声といっても一般的には、息漏れの少ない芯のある裏声を指すことが多いです。

ただ、女声だと息漏れの少ない、芯のない、広がりのある裏声を指すこともありますし、
男声だとロック歌手のシャウトのようなハイトーンボイスを指すことも多いです。

わかりやすいところで例を出すと、X JAPANのボーカルのToshiさんやデーモン小暮閣下とかですかね。

なので、実際これといった定義はありません。

ヘッド=頭、ボイス=声なので頭声(とうせい)とも呼ばれ、歌っている本人も聞いている側も頭に響くように感じられます。

音域に関してはミドルボイスよりも更に高い音域を指します。

歌うときは頭頂、もしくは後頭部を意識して発声すると出しやすいです。

ミドルボイスやファルセットとの違い

正直ミドルボイス(ミックスボイス)との違いはかなりわかりづらいです。

あくまで個人的な感覚なんですが一般的に言われているミドルボイス(ミックスボイス)は、
地声要素:裏声要素=4:6、3:7位の混ざり具合で聞こえます。

自分が発声するときのイメージも同様のイメージで発声しています

対してヘッドボイスの方は地声:裏声=2:8もしくは1:9
くらいのイメージですね。

かなり裏声の要素が強い感じがします。

1:9にしろ4:6にしろ地声と裏声がミックスされているように聞こえるという点で、ヘッドボイスもミックスボイスの一種と言っていいかなとも思っています。

ファルセットとの違いに関してですが、ファルセットとはさっきのイメージでいうと
地声要素:裏声要素=0:10の声のことです。

序盤でヘッドボイスは息漏れの少ない芯のある裏声と言いましたがファルセットはそれとは逆の息漏れが多く芯のない裏声になります

ミックスボイスやヘッドボイスだと地声に聞こえる方も多いと思いますが、ファルセットに関しては誰が聞いても裏声に聞こえると思います。

さいごに

いかがでしたか?

あくまで個人的なイメージの話になりましたが違いについて何となくわかっていただけたでしょうか?

人それぞれ体を動かすときの感覚が違うように、発声するときも人それぞれイメージが違います。

少しでも発声する前にイメージする際の手助けになればと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする