エッジボイス、ウィスパーボイス、ホイッスルボイスとは?

歌について詳しく調べたり勉強し始めると何とかボイスや何々ボイスなどそれはもう色んなボイスが出てきて、
もはや何が何なのかわからない状態になる人も少なくありません。

今回はそんな人のために色んなボイスを簡単にまとめました。

スポンサーリンク

エッジボイス

エッジボイスという言葉を初めて聴いた人もいるかもしれませんが簡単にイメージできる言葉で言い換えると映画の呪怨ボイスです。

「あ”あ”あ”あ”」というような感じのザラザラした感じの声です。

海外ではボーカルフライと呼ばれています。

エッジボイスをすることによって声帯閉鎖の感覚を掴むことができます。

適切な声帯の閉鎖具合を知ることができれば、ミックスボイスやデスボイスのフライスクリームといった発声法を習得することが出来ます。

また、喉の脱力にもなるので歌う前のウォーミングアップにもいいとされています。

やり方としては息を吐きながらギリギリ声が出るくらいに声帯を閉めて「あ”あ”〜」と言ってみてください。

ブツブツブツブツ・・・と声帯が振動している感じがわかりましたか?

きっとすぐにできるはずです。

ウィスパーボイス

ウィスパー(whisper)とは「ささやく、ヒソヒソ話す」といった意味でウィスパーボイスとは「ささやき声」という意味になります。

ですが、耳に手を当ててヒソヒソ話すような声帯の振動がない声だと歌では使えません。

なので少ない息でしっかり声帯を振動させ、鼻腔などに共鳴させて弱くささやくように発声することで歌で使えるウィスパーボイスになります。

ウィスパーボイスは表現方法の一つであり、ささやくように歌うことによって雰囲気を出したり優しさや悲しさや切なさといった感情を表現できます。

ホイッスルボイス

ホイッスル(whistle)とは口笛を吹く、ピーピー鳴るという意味で、
ホイッスルボイスとはその名の通り、笛のようにピーピー鳴っているかのような超高音ボイスです。

普通の人は出せない域の高音を出せる発声法でスーパーヘッドボイスとも呼ばれたりします。

ホイッスルボイスを発声できる歌手はマライア・キャリーなどが有名です。

習得方法は息を吸いながら高音を出してその感覚を掴み、それを息を吐きながらでも安定して出せるようにやっていくというのが最も一般的なものです。

自分でも出してみたいと思った方は是非やってみてください。

さいごに

いかがでしたか?

様々なボイスがありましたが、知らないボイスはありましたか?

習得すれば表現の幅が拡がるものが多いので、自分の新たな武器になりそうなものだったら是非練習して習得してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする